スタービーチの衰退と出会い系サイト

スタービーチは1999年から2009年まで存在した投稿サイト。
携帯の発達により、会員数を増やし続けましたが、利用者各自が本メールアドレスを使用していたことから、スパムメールやジャンクメールが多量に送りつけられ、また「異性紹介」が突出した形態を取るようになり、利用者が激減、今では過去のものとなってしまいました。
おそらく当時は、今で言うSNSの走りではなかったかと思われます。

普通の利用者は、自由に意見交換できる部門として認識していたのでしょうが、異性紹介部門に特化していった経緯に疑問が生じたものではないでしょうか。
今ではブログ・SNS・出会い系サイト・種々掲示板など、意見発信には事欠かない百花繚乱状態を呈している携帯・パソコンサイトですが、当時は携帯電話黎明期だったので、一日1200万回のアクセスを誇ったスタービーチも、消滅せざるを得なかったのでしょう。

衰退の原因とは?

原因はいろいろあると思いますが、最も言われている原因の一つが、サクラの蔓延でした。
現在でもサクラの問題は取りざたされていますが、携帯黎明期の利用者たちは今よりもずっと「うぶ」だったのです。
うぶな人をだますことは簡単でも、うぶな人がだまされたことを知った時の怒りは想像を絶します。
また、スパムメールや悪質サイトへの誘導・登録などが常習化し、このことが利用者のスタービーチ離れを加速させてしまったのでしょう。

異性紹介業の法律改正も、利用者離れに拍車をかける結果となりました。
人気があった出会い系部門には、200万人の利用者がいたということです。
スタービーチが会員数を爆発的に増やした要因として、当時としては革命的な広告方法を取っていました。
雑誌の広告は勿論のこと、街頭のビジョンを大々的に使って宣伝をしたのです。
これから「何か新しいものが始まる」という予感を大衆に与えたのでした。

これは今では当たり前の広告手段ですが、当時のことを考えると、奇想天外な方法だったのです。
このようなスタービーチが悪質なものと見るには無理がありますが、異性紹介サイトへの法改正が消滅への扉を開いたことは間違いありません。
身分証明書の掲示を義務付けられてからのスタービーチは、新規会員の登録が激減してしまいました。
スタービーチの何が画期的なのかは、今から見れば全く考えられない運営方法にあります。

スタービーチが人気だった理由

登録は不要なのです。
出会い募集掲示板に、即メールした返事を待つか、直接に掲示板に書き込むかの二通りで運営していたのです。
登録自体が不要ですから、直アド交換も自由だったのです。
しかも完全無料でした。
どこから運営費を稼ぎ出しているかというと、全てが広告収入で賄われていたのです。
「スタービーチ方式がよかった」と何回言っても元に戻ることはありません。
スタービーチ自体が潔くすっぱりと止めてしまったからです。
何事も初期の黎明期というか混乱期というか、そんな時代には、それを規制する法律自体がないので、一般利用客は「やり放題」的な要素はあったと思います。

現在の出会い系サイトの特徴

しかし、法の規制を受けてからの出会い系サイトは「先ずはメールから」の原則を守るしかありません。
メール術に長けた人だけが出会いの恩恵に預かれるというわけです。
ならばメール術を極めることが、出会いの王道ではないでしょうか。
メール術を極めようが、メール術に長けていようが、そのサイトにサクラがいては普段の努力が水の泡です。
サクラのいない優良なサイトもあります。
優良なサイトであっても、出会いの機会に恵まれない人は、自分のメール術が本道を外れているのではないかと疑って下さい。
なかなか、自分に原因があるなどとは考えたくない気持ちは分かりますが、ほとんどは本人の責任に因るところが多く見られます。

先ずは、携帯アドレスをさらしましょう。
いつでも捨てることができるメールアドレスは相手にも分かります。
手の内をさらしてしまうことで、相手の信頼を得ることができるからです。
「本気度を見せる」効果はてきめんです。
相手も、捨てることができるメールアドレスには、不信感が募ります。
手の内をさらしてしまうことで信頼感を得る、という兵法は古来から行われてきた方法です。
この方法を取るには、何といっても信頼できるサイトを選ぶことが必須条件です。
口コミ・評判のサイトを複数閲覧して、信頼できるサイトを探してみましょう。

出会えるポイント① メールはとにかく色んな人に送るべし!

「下手な鉄砲も……」ということわざがありますが、まさしくそのとおり、一人の女性に決めてひたすら返事を待つのではなく、できる範囲(ポイントのこともあるので)でメールを数多く送り続けましょう。
「数多くメールを打たなければ」と、一つ一つ考えながらメールを打っていたのでは効率が悪すぎます。
使いまわしのできるような文書にして、単語の部分だけ変えるようにして下さい。
あとはコピペで大丈夫です。

出会えるポイント② 言葉遣いには気をつける!

ただ、気をつけなければならないことは、そのサイトのコンセプトです。
まじめなサイトならば、丁寧な言葉使いをします。
すこし、チャラついているのならば、少しは崩した言葉でもいいでしょう。
そのサイトに集まる女性たちに合わせることが肝要です。
一回でもメールが来たら、相手の仮アドレスでも携帯会社を聞いて下さい。
絵文字を使ってのメールが可能になるからです。
仮のアドレスでも、今使用している携帯会社ぐらいは教えてくれます。

出会えるポイント③ 絵文字も使ってみる!

「絵文字の効用」は疎かにはできません。
文字だけのメールですと、とかく固く見えてしまいます。
特に女性の場合は絵文字が好きです。
絵文字の使用によって相手との距離が縮まることでしょう。
メール攻略こそが出会いへの近道と考えて、たかがメールと侮らないようにしましょう。
女性が「会いたい・一緒にいると楽しそう」と思わせることが大事です。
営業マンは「製品を売るのではなく、シズルを売れ」と言われます。
シズルとは、肉がジュウジュウとフライパンの中で出し続ける「音」のことです。
その音を聞いただけで、お腹が減ってくる、こういう状況を作り出すメールを送れたら成功は間違いなしでしょう。